サイトマップ お問合わせ アクセス English
一般社団法人 再開発コーディネーター協会
Google

WWW を検索  協会サイトを検索
   
 
    再開発コーディネーターと再開発プランナー



都市再開発を進めるには、市街地の再開発事業に関し、関係権利者や施行者等の指導調整に当たり、事業を円滑に遂行することが重要であり、そのためには市街地の再開発に関する企画・計画・経営・法律・税務・評価・補償・設計・施工・管理運営等の分野に関する専門知識と経験を有していることが不可欠となります。

一般社団法人再開発コーディネーター協会では、我が国で唯一の再開発専門技術者の資格制度として、「再開発プランナー資格制度」を実施しています。この制度は、平成4年度に建設大臣認定の審査・証明事業としてスタートし、平成13年度からは当協会の認定資格となりました。
当協会が毎年1回実施する再開発プランナー試験に合格し、登録した者には「再開発プランナー(登録商標)」の称号が付与されます。試験には、筆記試験と実務経験審査があり、筆記試験は、都市再開発に係る専門知識を問う学科試験と都市再開発の実務を問う実技試験からなり、実務経験審査では、都市再開発事業等に関する3年以上の実務経験を有するか否かを審査します。
再開発プランナー資格を有する者は、現在約3000名であり、都市再開発を推進することができる有資格者として、社会的に定着し、高く評価されています。

「再開発コーディネーター」は、都市再開発に関する専門知識と経験を有する者で、都市再開発に関連する各分野の専門家(コンサルタント)を束ね、関係権利者や施行者等の指導調整を行い、複雑多岐にわたる課題を調整し、都市再開発を強力に推進する、なくてはならない存在です。
一般社団法人再開発コーディネーター協会の個人正会員は、このような都市再開発に関する高度な専門知識と豊富な経験を有する「再開発コーディネーター」であり、厳しい審査を受けて入会した専門家です。入会に当たっては、再開発プランナー資格を有し、かつ5年以上の実務経験がある者であること(同等の知識・経験を有すると認められる者を含む)が求められます。
当協会の個人正会員は、現在約700名であり、地域の方々や行政などの関係機関と協力し、よりよいまちづくりの推進に大きく貢献しています。

協会個人正会員(再開発コーディネーター)又は再開発プランナーであり、当協会が実施するマンション建替えに係る固有の知識や技術に関する研修を修了し、登録した者には、「URCAマンション建替えアドバイザー(登録商標)」の称号が付与されます。
URCAマンション建替えアドバイザーは、地方公共団体、(独)住宅金融支援機構、地域のマンション建替えに係るネットワーク組織等と連携し、マンションの建替えや耐震改修に係る相談に応じ、マンション建替え支援に広く活用されています。