サイトマップ お問合わせ アクセス English
一般社団法人 再開発コーディネーター協会
Google

WWW を検索  協会サイトを検索
   
 

    早わかりマンション建替え
マンションイメージ
1. マンション建替えの現状

 わが国のマンションストック数は、平成25年末時点で約601万戸に達しており、その内106万戸が昭和56年以前の建築基準法の耐震基準で設計されたいわゆる「旧耐震」設計のマンションであるといわれています。
 築年数の古いマンションが増加するなか、耐震性能の不足以外にも、構造や設備の老朽化、現在の居住水準に合わない広さや間取り、物理的・社会的老朽化等により建替えを含む再生の必要性のあるマンションが年々増加しています。
「建替え」はマンション再生の重要な選択肢ですが、平成26年4月1日時点で建替えを実現したマンションは実施中も含め全国で226件です。

物理的・社会的老朽化の例


□安全性
@耐震性能が現在の基準を満たしていない
A構造部材に欠損や剥離などの劣化がある
B非構造部材にも鉄部等錆等の劣化がある
□共用部
@エレベーターがない(バリアフリー)
A設備配管が劣化している(漏水等)
B断熱性能が劣る(結露)
Cオートロックがない(セキュリティ)
□専用部
@住戸が狭い(専有面積)
A階高が低い(天井高)
B遮音性が悪い(上下・隣接)
C住戸内の段差等(バリアフリー)
Dサッシの気密性が低い(すきま風)
E電気容量が不足

居住性能と時間経過のグラフ

→ 2.マンション再生の選択肢